アアクス堂上税理士事務所
所在地〒135-0061東京都江東区豊洲5丁目5番1-3001号
連絡先☎03-5548-6007,Fax:03-5548-6008,
e-Mail: dogami@taxes.jp

▶経営体制
中核会社はアアクスグループ株式会社
*役員執務はすべて税理士事務所で行っています)

経営経営

【拙著紹介】

  ・ ベテラン税理士だけが知っている一人起業の成功パターン(2015/5, 合同出版より好評発売中)
  ・ ベテラン税理士だけが知っている連年非課税贈与の成功パターン(2016/3, 合同出版より)
  ・ ベテラン税理士だけが知っている自動経理の成功パターン(2017/3,合同出版より好評発売中)

【特徴】
  ・ 金融庁及び中小企業庁の「認定支援機関」税理士として登録しています。
    ※ M&A認定支援機関にも2021年9月に登録されました。
    ※ 法務省登録支援機関にも登録されています(中国人中心の入国VISA支援)

  ・ クラウド会計ソフト(自動経理+クラウド)を小会社経理に推奨しています
    ※ 具体的には”freee"会計ソフトを推奨)

  ・ freee会計ソフトの「上級アドバイザー」です 
    ※ freeeユーザーの顧客数全国No.1の事務所で「5ツ星事務所」上位にランクされています

【サイト紹介】
  取扱いサービスごとの「サイト運営」を行っております。次のようなものがあります。
  ・ http;//自動経理.com/ クラウド会計を紹介しています
  ・ http://クラウド会計.com/ クラウド会計の仕組みを紹介しています
 
  ・ http://決算申告.top/  起業家向けの決算申告サービスを「高品質・低価格」で提供しています
  ・ http://法人成り.tokyo/ 個人事業の会社化に関するノウハウを無償提供しています
 
  ・ http://廃業.com/ 今後10年の終活見込み60万社の事業承継M&Aを日本M&A協会所属(理事)で推進
  ・ http://相続.tokyo/ 家族信託・遺産分割協議書を中心のビジネスです

PROFILE OF ZEIRISHI

AACCX GROUP は遠くはソーシャルショックに繋がるようなBOP起業の支援、団塊社長の終活MA・認知症法務支援を成長エンジンにする新型事業!

≪税理士プロフィール概要≫

 ・出身
  出身地は大阪です
  小学校時代までは、両親共に学校の先生の子供だったこともあり、
  勉強もせず「学力優秀」で、近所の人たちも大切にしてくれました。
  特に幼児期は祖母に可愛がられ、祖母と両親の愛情たっぷりに育ちました。
  祖母の世代は、堂上家は相当の資産家だったようですが、父親の代は貧乏教師の家庭 (笑)。

 ・落ちこぼれ履歴
  育ち方としては、その後、余り勉強しない子供でしたので、入れた大学もまあまあ。
  案の定、社会にもまれて、人生の「落ちこぼれ」になり掛けました。
  慌てて人生の立て直しを図り、30代前半に「税理士試験」に受かました。
  今では、税理士業というやりたいことを見つけて、それなりの経済生活と、
  まあまあの社会貢献を目指しています。

 ・学歴
  大阪市立住吉中学→大阪府立今宮高校→大阪市立大学(英文科)

 ・職歴
  1966年,親の姉妹のコネで松坂屋上野店に就職できました。
  1969年,日本IBM(本社)に転職しました。
  1978年,再びの「落ちこぼれ」を立て直すため、
      日本テクニコン(本社)で財務責任者の職を見つけました。

 ・V字回復の事務所活動
    そのまま年を喰うとまた「人生に落ちこぼれる」と危機を感じ、
    1978年に合格した税理士資格で、自営業を始めました。
    その後、自動的に付与される行政書士資格も登録しました。
    1980年に開業し数年で身内の事務長が切盛りし年商1億数千万円の中堅事務所を営んでいました。
    
    しかし、事務長の難病で事務所は瀕死状態に陥落しました。
    そこで15年ほど前に「薄利多売」方式を採り集客と財務運営の二重苦を乗り越えて
    今は成長軌道にのりました

 ・本人の特徴
  (1)人生的には、幼少時代は、愛情に恵まれ、世の中を知らずに
    暮らしました(良し悪しは別です)。
  (2)35歳頃までは「落ちこぼれ」または「落ちこぼれ掛け」の
    社会生活の環境にあり、もがいていた気がします。
  (3)職業としては、何とか、大手外資を経て1980年11月に東京
    税理士会に会員登録しました(第45825号)。以後独立系の
    会計事務所を運営しています。

 ・仕事上の特徴
  ⑴ ITの技能習得
    大手外資(日本IBM,日本テクニコン)で世界のIT・ICTの
   利用方法を、職場の仕事を通じて、習得しました。

  ⑵ 起業家支援
    リーマンショック以後2000社の小規模起業家の支持を得て、
   今後10年掛けて1万社へ向け自ら経営革新を進めています。

  ⑶ 全自動会計の支援
    freee社製クラウド会計ソフトが㋑自動仕分㋺自動電子帳簿
   保存㋩自動融資審査の機能を持つことに共感、同社のソフトを
   推奨。集客策で独自に「値引き」で経理の自動化支援を行なって
   います。

 ※お断り  “freee “はfreee株式会社の商標権です。当社税理士は同社
     の会計ソフトの上級アドバイザーとして承諾を得て掲載さ
     せて戴いています。
      日本IBMは同社の、日本テクニコンは同社の各々登録商標です。

≪アアクスグループの生業紹介≫
 ▶経営状況
  アアクスグループ株式会社(英文名はAACCX INC.)と、
  アアクス堂上税理士事務所を中核として税務会計領域の仕事をしています。

  ・規模は従業員15名程(グループ合計)で、年商規模は15,000万円余程度。
  ・中堅税理士事務所で財政状態・経営成績は良好です。
  ・税理士業の生存を掛けた「コンプライアンス遵守」は万全の注意を払っています。

 ▶主要業務
  決算申告サービス
  別の事業部でhttp://決算申告.top/(高品質で格安の「決算申告」サービス)が
  生業の中心です。成長路線にあり、既に2000社の起業家の支持を得ています。
  更に1万社関与を目指しています。

 ▶経営課題
  薄利多売の決算申告サービスとしては、例がなく、特にバックヤー
 ドの運営が未踏の領域として、何か革新的な経営体制の構築が不可欠
 です。

備考
 代表者の国家資格の情報掲載
 ⑴ 1980年11月27日、東京税理士会に会員登録しました
 (第45825号)
 ⑵ 1984年8月25日、東京都行政書士会に会員登録しました
 (第84082561号)
 ⑶ 2013年8月2日、法務省東京入国管理局で申請取次の届出更新済み
 (第132007200343号)
 その他の詳細
 http://etax.tokyo/ の会社概要メニューをご参照頂けます。